twitter

提供エリア | 清須市

名古屋の家事代行サービス「メリット」が紹介する

清須市は、愛知県北西部にある市。尾張地方に含まれる。織田氏の居城である清洲城(清須城)があったことで知られていますこの地に古くからある地名に由来する。「きよす」の表記は、「清須」と「清洲」の両方が混在しており、歴史書によって異なる。伊勢神宮領を記録した14世紀中頃の『神鳳鈔(じんぽうしょう)』に「清須御厨(きよすみくりや)」として記載されているのが最古の記載としているが諸説ある。江戸時代初期に書かれた書物『三河物語』には「清須」、同時代に書かれた書物『信長公記』には「清洲」と書かれています。 公式HP  のご紹介ページ

清須市の鉄道駅

 
JR東海旅客鉄道東海道本線
枇杷島駅
 
名古屋鉄道名古屋本線
西枇杷島駅 - 二ツ杁駅 - 新川橋駅 - 須ヶ口駅 - 丸ノ内駅 - 新清洲駅
名古屋鉄道犬山線下小田井駅
   
 

地元民がお勧めするリアルな区観光スポット

清洲城清須は、鎌倉街道と伊勢街道が合流する「交通の要」でした。 北へ向かうも南に向かうも、清洲は重宝され、誰もが手に入れたい場所でした。 桶狭間の戦い、関ヶ原。織田信長や福島正則はこの清須から戦へ出向き、また本能寺の変の後に行われた後継者を決める会議もここ清須城を舞台に繰り広げられました。 天主閣1階から4階までの各種展示・体験・映像紹介メニューの他、手作り甲冑や打掛の試着体験など清洲城ならではの魅力の数々をご紹介します。また3階の清須会議学習コーナーも必見です。清洲古城跡平成元年(1989年)に再建整備された「清洲城天守閣」から大手橋の架かる五条川を隔てた対岸にあるのが清洲古城跡で、現在「清洲古城跡公園」として、南に広がる清洲公園とあわせて整備されています。清洲城は、慶長15年(1610年)徳川家康によって行われた清須から名古屋への遷府、いわゆる「清洲越し」の時に名古屋城築城の際の資材として利用され、慶長18年(1613年)名古屋城の完成と城下町の移転が完了したことを受け廃城となりました。横を流れる五条川は、もともと清洲城の天然の堀の役割をしていました。清洲城には建造物の遺構はありませんが、名古屋城に移された西北隅櫓は清洲城の遺構として知られています。とはいえ公園内には発掘調査され復元された本丸石垣があります。また、幕末の清洲城跡顕彰碑2基や織田信長公を祀る小社があり、毎年6月2日の命日には郷土の英傑を讃えて、お社前において「織田信長公顕彰祭」が営まれます。   

ご相談・お試しプラン申込

料金・プラン

開催中のキャンペーン

2019/05/22

illust1934
 
ページトップへ