twitter

提供エリア | 弥富市

名古屋の家事代行サービス「メリット」が紹介する弥富市


弥富市は、名古屋市との行き来に便利な地域として、鉄道駅周辺を中心としてベッドタウンのように住宅開発が進み、人口が大きく伸びました。今日でもマンション開発などが見られ、人口が穏やかに伸びていますが、本市の北部、南東部の区域には水田地帯が豊かに広がっており、都市部から農村部、海岸部までを持つ豊かな地域を形成しています。

弥富市公式HPのご紹介ページ

弥富市の鉄道駅


JR関西本線(名古屋–亀山)
弥富駅

名鉄尾西線
弥富駅、五ノ三駅

近鉄名古屋線
近鉄弥富駅、佐古木駅

地元民がお勧めするリアルな弥富市観光スポット


海南こどもの国
10万平方メートルの園内には、スーパーウェーブ、アスレチックなどの大型遊具が設置されている冒険広場、斜面広場、砦広場や足踏み式ゴーカートや水上自転車が楽しめる施設が整備され、夏にはプール施設も開設します。
また、特徴として地形の起伏が少ないことから、県内外の多くの保育園、幼稚園、小学校の遠足に利用されております。

弥富野鳥園
木曽川、長良川、揖斐川の河口から庄内川河口にかけての一帯は、水鳥を中心とした渡り鳥の中継地、渡来地であり、全国でも有数な野鳥の宝庫として知られています。 弥富野鳥園は、このような自然環境をいかし、野鳥の保護、調査、観察等を通じて、野鳥の保護思想の普及啓発を図るため、鍋田干拓の一角に造成されました。
野鳥の生息地としての保護地内には、樹林地、芝地、池(2つ)、草原、ヨシ原、水路を設け、様々な野鳥が生息できる環境を整備してあります。

三ツ又池公園
弥富市の北東部を流れる宝川の遊水池である「三ツ又池」の周辺を整備し、2009年に開園した親水公園です。池の面積だけで15ヘクタールもあり、その周囲を約2300メートルの遊歩道が取り囲み、のんびりと散策できるようになっています。開園と同時に植栽が始まったシバザクラは、年々数を増やし、今年はいよいよ10万株を超えました。

ご相談・お試しプラン申込

料金・プラン

開催中のキャンペーン

2019/06/01

illust1934
 
ページトップへ